本文へ移動

雑草防止工法(日本雑草防止工法研究会)

二次製品の周囲に繁茂する雑草の成長を強力に阻止する!
雑草防止工法WPのご紹介
NEITSの名称「防草型境界ブロック」QS-980205
 
全国ですでに「数百キロメートル」日本一の施工実績!!
道路に繁茂する頑固な雑草を「しかたない」と諦めていませんか?
雑草防止工法ならブロックの突起部が舗装としっかり噛みあうため、
温度変化や振動でも肌別れしにくくなり、植物が育成する環境をつくりません。

日本雑草防止工法研究会

雑草防止工法の特徴

WPeed revention(雑草 防止・阻止)
  1. 雑草を無くすことで景観が良くなり道路環境の改善されます。
  2. 歩行者、自転車走行の様な弱者に優しい構造で、交通事故の減少に寄与します。
  3. 維持管理に要する草刈り費用が削減されます。
  4. ブロックの施工性は従来と同じです。特に舗装材の新施工や撤去工事等も従来と同じ要領で行えます。
  5. 最初に施工を始めてから十数年と圧倒的な実績を誇り、その施工延長は数百キロメートルと日本一です。
  6. 施工後の評価も大変良く、官公庁によっては、従来と同じ価格ならと工法指定を頂く場合もよくあります。
  7. 製品単価も施工費も従来と全く同様で積算も簡単です。
  8. NETIS登録はすでに10年間掲載済みで実績共に申し分ありません。現在は公知の優れた工法として認知されています
  9. 従来製品の形状をほぼそのまま確保しているので車の衝撃荷重に対しても強く、安定性も向上します。
  10. 雑草防止工法の突起部は、植物の成長を確実に止める効果があります。また舗装部が突起としっかり噛みあうため、舗装がひび割れたり、ずれたりしない効果が有ります。
  11. 雑草防止工法に対応する製品は、歩車道境界ブロックのみならず排水形歩車道境界ブロック・暗渠形側溝・鉄筋コンクリートL形・溜桝・L形擁壁等、多岐にわたります。
 
 
左側 雑草防止工法により施工
雑草が全く生えていません
 
 
右側 通常のブロックにより施工
肌別れして雑草が繁茂してします
 

雑草防止工法の施工例

歩車道境界ブロック(マウンドアップ)
舗装前の状況(下部に凸部が確認できます)
雑草の成長が殆んど確認できないや暗渠形側溝と
組み合わせて施工された歩車道境界ブロック(1)
雑草の成長が殆んど確認できないや暗渠形側溝と
組み合わせて施工された歩車道境界ブロック(2)
舗装前の状況(下部に凸部が確認できます)
排水形歩車道境界ブロックの施工例

雑草防止工法で施工した現場の追跡調査

下は「雑草防止工法」で施工した現場の追跡調査の写真です。設置後、9年(左)、11年(右)経過。歩車道境界ブロックは黒くなっていますが、周囲から雑草の成長を見ることができません。

雑草防止工法はさまざまな製品に対応できます

歩車道境界ブロック
歩車道境界ブロック
排水型歩車道境界ブロック
お問い合わせは・・・
建材事業部:TEL0859-29-5511(代表)
株式会社ニッコン
〒683-0846
鳥取県米子市安倍200番地1
TEL.0859-29-2911
FAX.0859-24-5511
1.コンクリート二次製品の製造・販売
2.土木、建築資材の販売、リース業
3.石材の加工および販売
一般土木工事、建築工事、建具工事、
ガラス工事、石工事の請負業
4.土木、建築に関する設計業務
5.不動産業
TOPへ戻る